旅の途中



21世紀の共同体


むかしの日本にあったような伝統的な共同体はもう二度と戻らないんだよ。

と、先日友人と話していた時に言われてはっとした。彼はアートを通してコミュニティを活性化させたいという想いを持って仕事をしていて、何やら「コミュニティ」なるものについて語り合っていたのだ。が、途中で2人が持ってる「コミュニティ」のイメージがズレていることに気づく。そして彼の上の一言。伝統社会に基づいたコミュニティを復活させることはもう出来ない。全く新しいカタチのコミュニティを創り出していかなきゃダメなんだ。と。

私は未だに、高度消費社会を経て人間は伝統的な共同体の価値に円を描くように戻っていくのではないか、そうなるべきなのではないか、という固定観念がどこかにこびりついているのだと思う。

彼の言葉がストン、と落ちた。そりゃそうですよね。

大学院に来てから、昔の人間社会はなんてステキだったんだろーみたいな態度に傾いていたんだと思う。文化人類学の議論に触れることが多く、贈与と返礼に基づいた共存社会に対する美しい幻想がしみこんでいった。でも、前近代の社会のカタチをひも解くことの目的は、歴史を後退してそこに「戻る」ことを意味するのではない。私たちが常識だと思っている今の社会のカタチを疑い、一度その常識を壊し、またそこから新たに創り上げていくことが本来。

規範やモラルに基づいた伝統社会か、理性と利害に基づいた近代社会か、という二者択一ではないところに答えを見出そうとするダイナミックな思考態度が本当は必要とされているのだと思う。

新古典派経済学の始祖とも言われるマーシャルは近代社会の特徴は競争ではなくAssociation(協働・提携)にある、と言っていた。このAssociationは伝統社会における慣習に基づくものではなく、自由な個人が思慮深い協議に基づいて創り上げるものだ、と。市場と法律を軸に個人が自己利益を追求する競争社会でも、慣習と権威が個を支配する伝統社会でもなく、倫理と対話が支える協調社会のカタチを作っていくべきだ、というのが彼の主張だったのだと思う。

マーシャルの理念と通じる考え方をつい先日たまたま読み返していたボルスタインの『How to Change the World』に見つけた。ガンディーに強く影響を受けたらしいアショカの創設者ビル・ドレイトン曰く、「Gandhi’s greatest insight was recognizing early in the twentieth century that a new type of ethics was emerging in the world – an ethics grounded not in rules, but in empathy.」

ガンディーが夢見た「共感」に基づく21世紀の社会のカタチってどうあるべきか、を考えなきゃいけないんだと思う。社会のカタチを作るのは人々の価値観であり、人々の価値観を形成するのは社会のカタチでもある。

コミュニティについて語ってくれた友人のように、小さく、でも必死で行動している人がいる。大きな変化はいつも辺境からやってくる。早く走りだしたい。
[PR]
by nanacorico0706 | 2011-01-30 12:22 | つれづれ
<< DEAD AID と DEAD... Building Social... >>


2年間の米国留学生活をゆるゆると綴ります・・・
カテゴリ
全体
読書
勉強
Net Impact
america life
パキスタン
つれづれ
おしごと
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
最新の記事
政府とおしごと
at 2014-08-09 10:40
広告の終焉から始まるもの
at 2013-10-06 15:56
massive scale ..
at 2013-09-09 00:49
寄付と遊びの関係
at 2013-09-01 23:37
2013
at 2013-01-03 16:22
SOCAPデビュー
at 2012-10-25 08:58
地図ではなくてコンパスを持て
at 2012-09-02 14:18
ママCEO
at 2012-07-29 10:56
『Start with WHY』
at 2012-06-28 19:04
未来のOwnershipのカタチ
at 2012-05-06 15:33
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧