旅の途中



カテゴリ:未分類( 7 )


物乞いの人にお金をあげますか?


カンボジアの地を初めて踏んだ20歳の私が自分に問いかけたこの質問は28歳になってもまだ私を困惑させる。

この夏パキスタンでインターンをしていた時に物乞いのおじいちゃんにお金をあげようとした私をインドから来ていた別のインターン生、メイダが激しく抗議した。「Acumen Fundの方針はCharity じゃなくてChanceを、でしょ!罪悪感を和らげる為だけに一時しのぎの寄付なんてやめた方がいい。」と。

カンボジアでは最初、お金をあげられなかった。物乞いの人を上から見下ろしてお札をふい、と渡す行為にどうにも嫌悪感があったのだ。彼らが集めたお金を地元の悪い人たちに巻き上げられているだけ、というケースが有ることも知っていよいよやりにくくなった。

変化は2回目に行った時にカンボジアでお世話になったバイタク運転手サンとの出会い。御寺に行った時に参道に座る物乞いの人たちに一人、一人なんとも自然にお金を渡していたサンを見て、私も続いてみた。初めてまっすぐに物乞いのおばあちゃんの目を見ることができた。それまでは後ろめたくて見ないふりをしていた彼らの顔を、表情を、お礼を言いながら合わせるしわしわの手を見た。すーっと嫌悪感が消える感覚があったのだ。たったの一瞬でも彼らと向き合って少しのお金を通して触れあうことに悪いことなんかないんじゃないかと。

これ、メイダが言った「罪悪感を和らげる」心理だったのかなーと、パキスタンでの一件で一度片付いたはずのこの疑問がまたフツフツと湧いてくる。

ある人の言葉。“no good has ever come from feeling of guilty... The guilty do not pay attention to the object but only to themselves… to their anxieties.”

罪悪感を感じると人は問題そのものに光をあてることはせず、不安な気持ちに捉われるだけ。

根源的な問いは「あげるかあげないか」ではないのだろう。あげた人とあげる自分との関係を切り離すかどうかだと思う。罪悪感に捉われて関係のないものとして忘れ去るか、見つめた目やしわしわの手を忘れないかどうかだと思う。どうしてそうなってるのか考え続けることだと思う。私はお金を渡したおばあちゃんの手も、見ないふりをして通り過ぎたおばあちゃんの手も鮮明に覚えている。パキスタンで車からふんだくるようにお金を取って目も合わせずに立ち去った赤ちゃんを抱いた女性の表情も、お金の代わりに指人形をあげたらすごく喜んでいた子供の表情も、忘れない。

困惑した気持ちに縛られて身動きが出来ないなんてことがないように、ずっとこの問いと向き合っていくことが私に出来る唯一のことだと思う。

寄付ではなく社会投資、という開発業界に起こっている最近の大きな変化についても同じ。お金の集め方や回し方、みたいなテクニカルな問題は本質的ではなくて、その変化によってもたらされるあげる人ともらう人の間の関係性が重要なのだと思う。そこには政治があり、力関係があり、哲学があり、思想がある。切り離して忘れ去ることのない、しわしわの手から目を逸らさない、そういう社会投資のカタチを考えて行きたい。

a0158818_1237421.jpg

指人形に興味津津のパキスタンの子供たち
[PR]
by nanacorico0706 | 2010-10-25 12:40

日本人の根っこ


スリランカ人の教授が海外で暮らすと自国のアイデンティティが再生産される、と言っていたことがある。

海外に来て初めて日本の良さが分かった、とか、自分の中にある日本人的なものに気付いた、とか以上に、自分の外に有る『日本人的』とされるものを内部化していく傾向がある気がする。そういう意味で『再生産』という言葉がしっくりくる。

あなたはどう考えますか?という質問より圧倒的に「日本人は一般的にどう考えますかね?」という質問をされることが多くなる。とたんに一人称を超えて一般化することを迫られるのでなにやら文化とか歴史とか、あとなぜか武士道とかそういうところに話が行ってしまったりする。そうですねー日本ではたいていこんな感じです、と語るうちに「こんな感じ」がまるで自分の内部から発した価値観のように自分の中に戻ってきて刷り込まれるんじゃないかと思う。

とはいえ、日本ではどうですか?の質問はアメリカに関して言うとそんなに聞かれるものでもないかもしれない。私みたいに国際開発の学部にいると基本的にみんな異文化に興味津津だが、ビジネススクールの学生や企業勤めしている人なんてあまり聞かれないだろう。

NYの企業で働いていたパキスタン人の友人は全く信心深くもないのに同僚がドーナツをほおばる傍らで一人孤独にラマダンの断食を実行していたらしい。自国に戻ったらとたんにやる気がしなくなった、と。外に放り出されると自分のアイデンティティを確認したくなるもんだ、と彼は言った。異質な世界に放り込まれた時に倒れないで立っていられるように自分の根っこを明らかにすることを迫られるのかもしれない。必ずしも「根っこ、こうなってたのね」、と確認するのではなく、根っこを再生産するのではないか。

別のパキスタン人はアメリカではその人の出自ではなく、その人が何が出来るのかでその人の本質を判断される、と言っていた。コネや御家柄がモノを言うパキスタンはそりゃー生き難いだろうけど、そういう根っこを引き抜かれるとそれはそれで私って誰?的な危機感を覚えるのかもしれない。海外に出ると自国の文化や慣習を再生産する。きっとそうでもしないとカクテルパーティーで一人黒髪アジアンだったりする時のどうしようもない疎外感と戦えないのだ。

タジキスタンでリサーチをした同級生はロシアへの出稼ぎ労働者からの仕送りが古来から続く親戚一同を招いた大宴会に使われることが多く、送金が増えるにつれてこの宴会の豪勢さがどんどんエスカレートしていると言っていた。近代化によって当然想定される核家族化や伝統的なおもてなし合いの消滅は起こらず、むしろその伝統を強める傾向さえある。

グローバリゼーションによって世界中の文化や生活様式がブルドーザー式に西洋化していく、という使い古されたイメージは違うのだろうな、と最近つくづく思う。確かに世界中どこでもコカコーラで、ディズニーで、ナイキで、グーグルだけれど、意外とこういう均一化って表面的なものではないだろうか?ヒト・モノ・おカネの移動、でいうとヒトに関してだけは実は移動によって余計に文化の異質性を保持しようという力が働くのではないかとさえ思う。

私はどうか?そろそろ進路を考えなきゃいけない時期だ。大学生の時は派遣先のアフリカで骨を埋めてもいい、と思っていたけど、今はもう死ぬなら日本だ、と思う。年をとったのかしら?というのは置いておいて、やはりこの国で暮らして自分は日本人だという当然の事実を「たたきつけられた」という感じ。スラムの奥まで入っていっても現地の言葉も文化も世界観も共有していない私が偉そうに言えることなんて究極的には無い。日本から来ました、突然すみません、お邪魔いたします。と挨拶するしかないのだ。どこにも根を張らないノマドみたいな生き方をするのではないかと自分の将来を想像していたけど、どうやら違う。物理的にはノマドだとしても逃れられない根っこがあるのだと分かった。この根っことどうやって付き合っていくか。

進路考えなきゃ・・・
[PR]
by nanacorico0706 | 2010-10-11 00:28

パキスタンに行きます!


a0158818_12161033.jpg年始から探し続けた夏のインターン、遂に決まりました!
5月末から3カ月弱、Acumen Fund のパキスタンオフィスで住宅事業の担当をします。

Acumenが資金援助している地元初の草の根NGO、SAIBANが実施しているスラムから郊外の新しいコミュニティへの移住事業。
土地の8割程度を貧困層向けに格安で販売、残り2割は地価が上昇するのを待って富裕層に売却することで採算性を確保しているユニークな試み。キチンと土地の所有権を確保したり、インフラ、学校、ヘルスケアセンターの整備等、住宅の供給だけでなくもっと包括的な「コミュニティ」づくりに着眼したプロジェクトでとても楽しみ。

今世界で最も政情不安定と言ってもいいぐらい物騒な話題が絶えない貧困国パキスタンだけど、コミュニティ開発に関してはオランギプロジェクトという援助に頼らない成功モデルがかなり有名。とりあえず貪るように関連文献を読んでます。ウルドゥー語も勉強し始めました。スラムにホームステイをしたいと思ってAcumenと交渉中・・・。

パキスタンに行ったことのある方!コミュニティ開発や住宅事業、都市化の問題等に詳しい方!ウルドゥ語を喋れる方!是非色々教えて下さい。あと1ヶ月ちょっと・・・やっておきたいことが山ほどある。


それにしてもまさか受かると思わなかった。パキスタンってこともあって希望者少なかったのかもしれないけど、Acumenというとなんだかアイビーリーグ卒のキャリアがぞろぞろ、というイメージが有って大学名で切られるでしょ、ぐらいに思っていたのでインタビューに進んだだけでもガッツポーズって感じだったけど、まさかその後2回のインタビューをクリアして最後の一人になるとは・・・・。

パキスタンと繋いで人生初の電話インタビュ―。前日にNet Impactの代表をやっているローラに付き合ってもらってカフェで2時間も必死に練習した。あなたの強みと弱みは?成功体験は?チームワークを発揮した例は?などなど典型的な面接シナリオを人通りさらって「よし!」と臨んだところ、のっけから「前職で住宅事業の担当してたみたいだけどどんなことしてたの?投資管理ってどんな感じ?図面読める?資金調達はどうしてた?EquityとDebtの割合は?マーケティングの経験は?」とかなり仕事やスキルにフォーカスした質問の嵐。私の人柄とかやる気に関してはせいぜい1割程度しか聞かれなかった。

開発の世界は即戦力が求められている、と良く言われるけど、納得。熱い気持ちだけではダメだということだろう。もっと熱い話したかったけど・・・。まさかこんなところで前職の不動産の経験が活きるとは思わなかった。アメリカの住宅事業担当していた頃なんて私は本当は開発をやりたいのにどうしてアメリカの金持ちに豪邸売らなきゃいけないのよ!みたいなヤケッパチになる時もしばしばだったけど、人生何がどう繋がるものかわからない。あの時腐らずに頑張って良かった。育てて頂いた会社と上司に改めて感謝です。

思えば3カ月の長きに亘って途上国に滞在するのはこれが初めての経験となる。緊張とともに胸がざわざわするような興奮、期待、前のめりな気持ち。熱い風、砂埃、白い装束、香辛料の香り、スラムの喧騒、モスクから聞こえる祈りの声、そして極限の貧困、人々の不安な気持ち、心を開いて全部吸いこんできたい。全身で感じてきたい。早く行きたい!!
[PR]
by nanacorico0706 | 2010-04-15 12:47

ハーバード社会企業家大会


27日、28日とハーバード大学でSocial Enterprise Conferenceに参加。

超豪華スピーカー勢ぞろいで非常に満足なカンファレンスだった。

修論のテーマなんかも含めて色々と考えさせられることも多かったので振り返りはゆっくりするとして、Kyenoteの登壇者全員が共通して触れていたこと。

"What makes come alive?” 何があなたを生き生きとさせるか?

マイクロファイナンスのKivaの創業者Premal Shahのメッセージ

a0158818_350984.jpg


"Don't ask what the world needs, do what makes you come alive; because what the world needs most are people who have come alive"

うん。

ソーシャルビジネス!とかって異常な盛り上がりを見せていて、「イイことするって楽しいよね」みたいなエゴで終わるのは何か違うよなーと思っていたけど、今回はもっと地に足のついた、本当に地道に事業を作ってきている、でも楽しむことを忘れていないというか苦労も苦労と思ってないぐらいやってることに情熱と愛情を持ってるんだろうなーという感じの人が多かった気がする。

その情熱ゆえに、批判や反発もしなやかに受け止めて、柔軟に変化することも厭わないのだろう。本当に好きじゃなければ続かない。自己満と大きなビジョンの混ざり合ったところにきちんと続く形が出来て行くのだろうと思う。


前向きなパワーをいっぱいもらった2日間でした。
[PR]
by nanacorico0706 | 2010-03-02 03:57

グリーン宅急便


先日ネットでお買いものをしたら確認メールにこんなメッセージが・・・

「あなたの荷物はCarbon neutral shipmentで配達されます」

a0158818_11231295.gifリンクに飛んでみるとどうやら配達の間に発生するCO2量を荷物の重さと配達手段・距離から算出して、そのCO2を相殺するのに必要な金額をお店側が負担してくれているらしい。
お店が払ったお金は植林や再生可能エネルギーの開発をしている非営利団体に寄付されるという仕組。いわゆるカーボンオフセット。宅急便でもやってるなんて知らなかった!

オフセットって本当に意味あるの?という声は多いけど、自分の生活から発生しているCO2量が分かる、っていう点で意識の変化を生みそう。お店が善意で負担しているというよりはおそらく商品の価格に反映させているのだろうし、それでも買ってくれる顧客しか相手にしない、というポリシーとも言えそう。
最近は近場だったら自転車配達をやってるお店も結構増えてるみたいだし、グリーン配達、なんだかワクワクします。
[PR]
by nanacorico0706 | 2010-02-06 11:24

Net Impact Clark Chapter始動!!


Net Impact Clark Chapterが正式に登録されて初のMeeting。
とりあえず一同Yeah!やったー!とテンション高めでスタート。
来週は大学内でのローンチレセプションを開催予定。

2010年度の主なプロジェクトは・・・

○Fair Tradeセミナー
営利事業としてFair Tradeのカジュアルファッションに取り組んでいるAutonomie Projectの創設者を招いて勉強会/ワークショップを開催予定。sweatshopについて研究している教授も巻き込んでセッション出来ればいいな・・・と妄想中。下記のGreen runで参加者全員にTシャツを配ろうという企画があるのでこちらで作ってもらえないか検討中。これは私がリーダーなので頑張らなきゃ・・・。

○Green Run
地域の人々を巻き込んで大学周辺5キロのチャリティラン。集めたDonationは地元の環境保護NGOに寄付する予定。

○CSRの誓い
Graduate Pledgeと言って全米のMBAで良く行われてるらしいのだが、卒業式で「将来社会的責任を果たすビジネスマンになります」と個人的な誓いをたてる儀式。この5月の卒業式からClarkでも始めようという試み。

○Board Fellows
Net Impactの目玉的活動の一つ。MBAの学生が非営利組織のBoardメンバーとしてマネジメントの手助けをしようというもの。学生にしてみればNon-Profitの運営の実務経験を積めるし、NGO側からするとマネジメントのノウハウや新鮮なアイディアなんかを取り入れられてお互いHappyというコンセプト。思い切った取り組みだよな・・・と思うがこれがけっこう盛んに行われており、Clarkでも既に3団体ほど受け入れの検討を開始中。

○Cap and Trade Paper Project
日本の大学でもそういう時代になっているのだろうか、Clarkでは一人の生徒が学内でプリントアウトに使う紙の量に制限が設定され、制限を超えると有料、という取組が始まった。これが色々と物議をかもしているわけだが、NIではCO2のCap & Tradeの方法をPaper Projectに応用出来ないか検討中。あらかじめ与えられた無料分を使いきらなそうな生徒は無料分を越えて使用したい生徒とFacebook上で使用権を取引出来る仕組みを整えてはどうか?とブレスト中。仕組作りが難しそうなのと、そもそもこういった取組は紙の使用を減らそうという生徒の意識改革の面で言うと効果がないのでは、とか色々と議論はあるところ。環境対策においてなんでも金銭的な価値に換算するのってどうなんだろう?という思いもありつつ、やはり値段をつけることが非常に効果的な動機づけとなるのが人間のサガ・・・。このプロジェクトの行方は今後楽しみ。

○社会的責任投資プロジェクト
アメリカの大学というのはものすごく資金運用がうまいと聞いたことがあるが、Clarkもかなりのお金を株や国債で運用しているらしい。大学のアドミニ組織、教授、学生全体を巻き込んで、大学の投資ポートフォリオがどうなっているのかまずは勉強、Clarkとしての社会的責任投資はどうあるべきかを検討していくというもの。学部生レベルではパレスチナ紛争に関わっている企業からの投資撤退に取り組んでいるグループが有り、コラボレーションも検討。

今年は教室を飛び出して活動することが増えそう。楽しみ!
[PR]
by nanacorico0706 | 2010-01-26 04:58

New year's resolution


渡米から既に5カ月が経過してますがこのタイミングでブログ開始・・・
新年なので新しいことをスタートするには良い機会だしね。

9月から開始した授業は本当に充実していて、得るものも大きかった。
個人的には一番最初の授業で出たリーディングの課題で語られていた「これからの開発学はLifting the BottomからLowering Topに移行しなければならない」という言葉がこの1学期の方向性を決定したように思う。

開発は貧しい国や人々をいかに成長させるか(Lifting the bottom)が主題だと思っていたけど、これからはいかに豊か過ぎる国や人々を持続可能な形に変えていくか(Lowring the top)、が同じくらい重要。
途上国の人たちに変化を求めるのではなく、先進国に生きる私たち自身が変わらなきゃいけない時代になっているのだな、と実感。
景色が変わった。
来学期からこれをどう落とし込んでいこうか・・・思索中。

ということで2010年の目標は・・・

1. 修論のテーマ絞り込み!
BOP、フェアトレード、CSRと一通りかじった1学期だったのでそろそろちゃんと考えなきゃ・・・インターンも決めなきゃ・・・

2. Net Impact始動!
Net Impactの学内チャプターのInternational DevelopmentのリーダーになったのでProjectやイベントの企画を頑張りたい。

3. ブログ・・・
去年は迷いに迷って結局始めなかったブログ。日々思うことはあれど発信するなんておこがましすぎる・・・と思っていたけど、2年間の記録も兼ねて挑戦。1週間に一回は更新したいな・・・

今年もステキな年になりますように!!!!
[PR]
by nanacorico0706 | 2010-01-06 02:42


2年間の米国留学生活をゆるゆると綴ります・・・
カテゴリ
全体
読書
勉強
Net Impact
america life
パキスタン
つれづれ
おしごと
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
最新の記事
政府とおしごと
at 2014-08-09 10:40
広告の終焉から始まるもの
at 2013-10-06 15:56
massive scale ..
at 2013-09-09 00:49
寄付と遊びの関係
at 2013-09-01 23:37
2013
at 2013-01-03 16:22
SOCAPデビュー
at 2012-10-25 08:58
地図ではなくてコンパスを持て
at 2012-09-02 14:18
ママCEO
at 2012-07-29 10:56
『Start with WHY』
at 2012-06-28 19:04
未来のOwnershipのカタチ
at 2012-05-06 15:33
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧