旅の途中



<   2010年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧


物乞いの人にお金をあげますか?


カンボジアの地を初めて踏んだ20歳の私が自分に問いかけたこの質問は28歳になってもまだ私を困惑させる。

この夏パキスタンでインターンをしていた時に物乞いのおじいちゃんにお金をあげようとした私をインドから来ていた別のインターン生、メイダが激しく抗議した。「Acumen Fundの方針はCharity じゃなくてChanceを、でしょ!罪悪感を和らげる為だけに一時しのぎの寄付なんてやめた方がいい。」と。

カンボジアでは最初、お金をあげられなかった。物乞いの人を上から見下ろしてお札をふい、と渡す行為にどうにも嫌悪感があったのだ。彼らが集めたお金を地元の悪い人たちに巻き上げられているだけ、というケースが有ることも知っていよいよやりにくくなった。

変化は2回目に行った時にカンボジアでお世話になったバイタク運転手サンとの出会い。御寺に行った時に参道に座る物乞いの人たちに一人、一人なんとも自然にお金を渡していたサンを見て、私も続いてみた。初めてまっすぐに物乞いのおばあちゃんの目を見ることができた。それまでは後ろめたくて見ないふりをしていた彼らの顔を、表情を、お礼を言いながら合わせるしわしわの手を見た。すーっと嫌悪感が消える感覚があったのだ。たったの一瞬でも彼らと向き合って少しのお金を通して触れあうことに悪いことなんかないんじゃないかと。

これ、メイダが言った「罪悪感を和らげる」心理だったのかなーと、パキスタンでの一件で一度片付いたはずのこの疑問がまたフツフツと湧いてくる。

ある人の言葉。“no good has ever come from feeling of guilty... The guilty do not pay attention to the object but only to themselves… to their anxieties.”

罪悪感を感じると人は問題そのものに光をあてることはせず、不安な気持ちに捉われるだけ。

根源的な問いは「あげるかあげないか」ではないのだろう。あげた人とあげる自分との関係を切り離すかどうかだと思う。罪悪感に捉われて関係のないものとして忘れ去るか、見つめた目やしわしわの手を忘れないかどうかだと思う。どうしてそうなってるのか考え続けることだと思う。私はお金を渡したおばあちゃんの手も、見ないふりをして通り過ぎたおばあちゃんの手も鮮明に覚えている。パキスタンで車からふんだくるようにお金を取って目も合わせずに立ち去った赤ちゃんを抱いた女性の表情も、お金の代わりに指人形をあげたらすごく喜んでいた子供の表情も、忘れない。

困惑した気持ちに縛られて身動きが出来ないなんてことがないように、ずっとこの問いと向き合っていくことが私に出来る唯一のことだと思う。

寄付ではなく社会投資、という開発業界に起こっている最近の大きな変化についても同じ。お金の集め方や回し方、みたいなテクニカルな問題は本質的ではなくて、その変化によってもたらされるあげる人ともらう人の間の関係性が重要なのだと思う。そこには政治があり、力関係があり、哲学があり、思想がある。切り離して忘れ去ることのない、しわしわの手から目を逸らさない、そういう社会投資のカタチを考えて行きたい。

a0158818_1237421.jpg

指人形に興味津津のパキスタンの子供たち
[PR]
by nanacorico0706 | 2010-10-25 12:40

日本人の根っこ


スリランカ人の教授が海外で暮らすと自国のアイデンティティが再生産される、と言っていたことがある。

海外に来て初めて日本の良さが分かった、とか、自分の中にある日本人的なものに気付いた、とか以上に、自分の外に有る『日本人的』とされるものを内部化していく傾向がある気がする。そういう意味で『再生産』という言葉がしっくりくる。

あなたはどう考えますか?という質問より圧倒的に「日本人は一般的にどう考えますかね?」という質問をされることが多くなる。とたんに一人称を超えて一般化することを迫られるのでなにやら文化とか歴史とか、あとなぜか武士道とかそういうところに話が行ってしまったりする。そうですねー日本ではたいていこんな感じです、と語るうちに「こんな感じ」がまるで自分の内部から発した価値観のように自分の中に戻ってきて刷り込まれるんじゃないかと思う。

とはいえ、日本ではどうですか?の質問はアメリカに関して言うとそんなに聞かれるものでもないかもしれない。私みたいに国際開発の学部にいると基本的にみんな異文化に興味津津だが、ビジネススクールの学生や企業勤めしている人なんてあまり聞かれないだろう。

NYの企業で働いていたパキスタン人の友人は全く信心深くもないのに同僚がドーナツをほおばる傍らで一人孤独にラマダンの断食を実行していたらしい。自国に戻ったらとたんにやる気がしなくなった、と。外に放り出されると自分のアイデンティティを確認したくなるもんだ、と彼は言った。異質な世界に放り込まれた時に倒れないで立っていられるように自分の根っこを明らかにすることを迫られるのかもしれない。必ずしも「根っこ、こうなってたのね」、と確認するのではなく、根っこを再生産するのではないか。

別のパキスタン人はアメリカではその人の出自ではなく、その人が何が出来るのかでその人の本質を判断される、と言っていた。コネや御家柄がモノを言うパキスタンはそりゃー生き難いだろうけど、そういう根っこを引き抜かれるとそれはそれで私って誰?的な危機感を覚えるのかもしれない。海外に出ると自国の文化や慣習を再生産する。きっとそうでもしないとカクテルパーティーで一人黒髪アジアンだったりする時のどうしようもない疎外感と戦えないのだ。

タジキスタンでリサーチをした同級生はロシアへの出稼ぎ労働者からの仕送りが古来から続く親戚一同を招いた大宴会に使われることが多く、送金が増えるにつれてこの宴会の豪勢さがどんどんエスカレートしていると言っていた。近代化によって当然想定される核家族化や伝統的なおもてなし合いの消滅は起こらず、むしろその伝統を強める傾向さえある。

グローバリゼーションによって世界中の文化や生活様式がブルドーザー式に西洋化していく、という使い古されたイメージは違うのだろうな、と最近つくづく思う。確かに世界中どこでもコカコーラで、ディズニーで、ナイキで、グーグルだけれど、意外とこういう均一化って表面的なものではないだろうか?ヒト・モノ・おカネの移動、でいうとヒトに関してだけは実は移動によって余計に文化の異質性を保持しようという力が働くのではないかとさえ思う。

私はどうか?そろそろ進路を考えなきゃいけない時期だ。大学生の時は派遣先のアフリカで骨を埋めてもいい、と思っていたけど、今はもう死ぬなら日本だ、と思う。年をとったのかしら?というのは置いておいて、やはりこの国で暮らして自分は日本人だという当然の事実を「たたきつけられた」という感じ。スラムの奥まで入っていっても現地の言葉も文化も世界観も共有していない私が偉そうに言えることなんて究極的には無い。日本から来ました、突然すみません、お邪魔いたします。と挨拶するしかないのだ。どこにも根を張らないノマドみたいな生き方をするのではないかと自分の将来を想像していたけど、どうやら違う。物理的にはノマドだとしても逃れられない根っこがあるのだと分かった。この根っことどうやって付き合っていくか。

進路考えなきゃ・・・
[PR]
by nanacorico0706 | 2010-10-11 00:28

マルクスに恋をする


あっという間に9月終わってしまった・・・。アメリカに戻ってきて早1か月。今学期は超ヘビー級の授業を取ってしまい四苦八苦中。『経済地理学』なるもの。

現代の経済学の礎を築いてきた人たちの原文を読む、というとてつもない授業でアダムスミス、リカード、マルサス、マーシャル、マルクス、ハイエク、ケインズと辿ってきた。生徒たったの7人で私意外全員博士課程に所属、私、完全に場違い。

100年も前の英文を週に500ページ読むというのはもう半端ない。でもめちゃくちゃ面白いのだ。資本主義ってなんだろう、ということについて考え続けている。

マルクスがすごかった。マルクス主義というとどうにも現実離れしてて感情的で熱くって・・・というイメージがあったのだが実際はイデオロギーとしてではなく理論としてパワフルだった。ほんの一部しか読んでいないけど、今となってはだれも疑うことのない現代の経済システムの本質をえぐる、私の商社時代もえぐる・・・

社会人になった瞬間、売上からコストと経費引いたら利益ね、というのが常識の世界に放り出されて、それがこの世の中のルール、ということを疑いもせずにきたけれど、歴史をたどって、このルールってそもそもどうやって決められたのか?を見に行くというのは非常に興味深いタイムトリップ。

読みながらロンドンの不動産市場で投資家の間でお金がお金を生んでいくシステムに「なんでこうなってんだ?」と不気味な想いを抱いていたのを思い出す。そのシステムから飛び出してこうして外から眺めるというのはすごく貴重な機会だ。

世界的な経済格差が毎年記録更新していて、持続可能性を真剣に考えなきゃヤバイ、という時代。Outside Boxで考える、ということはさかんに言われているけど資本主義というBoxから飛び出そうとしたのはマルクスだったのだと。学生というなんの縛りもない世界に身を置けるのも後1年足らず。この授業に食らいついてまずはこの箱の本質を自分なりに理解したい。頑張ります。
[PR]
by nanacorico0706 | 2010-10-02 12:30 | 勉強


2年間の米国留学生活をゆるゆると綴ります・・・
カテゴリ
全体
読書
勉強
Net Impact
america life
パキスタン
つれづれ
おしごと
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
最新の記事
政府とおしごと
at 2014-08-09 10:40
広告の終焉から始まるもの
at 2013-10-06 15:56
massive scale ..
at 2013-09-09 00:49
寄付と遊びの関係
at 2013-09-01 23:37
2013
at 2013-01-03 16:22
SOCAPデビュー
at 2012-10-25 08:58
地図ではなくてコンパスを持て
at 2012-09-02 14:18
ママCEO
at 2012-07-29 10:56
『Start with WHY』
at 2012-06-28 19:04
未来のOwnershipのカタチ
at 2012-05-06 15:33
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧