旅の途中



After Capitalism


前期は課題をこなすのでいっぱいいっぱいで自分の興味のある本なんて全く読めなかったので今学期は1カ月に1冊は授業に関係の無い本を読む!と決意。いつまで続けられるかしら・・・。

修士課程最初の必修科目は2年目の先輩から「超キツイ」とさんざん脅された開発理論。噂に劣らずものすごいリーディングとレポートの量、しかも難解というか抽象的な理論も多く眩暈のするような4カ月だった。その開発理論の授業でさんざん出てきたポストモダン/ポスト開発論。従来の開発政策は先進諸国がたどってきた近代化の道を途上国に押し付けてるものだ、として批判する立場で、基本的にアンチグローバリズム、アンチネオリベラル、アンチ資本主義。おそらく90年代あたりからこういったメインストリームに対する批判はかなり影響力を持っているのだろうけど、いまいちすっきりしないのが資本主義がダメならどうすればいいの?というところに明確な答えが無い点・・・。批判はごもっとも、What’s next?という苛立ち的反応がクラスの中でもかなり多かった。

で、そもそも資本主義の何がダメなんだ?てゆーか資本主義ってなんだ?というとこが理解できてなかった為、教授に勧めてもらったのがこの本、「After Capitalism」。a0158818_12561080.jpg「資本主義後(?)」ということでマルクス主義でいう社会主義のステージを暗に示しているわけだが、筆者はEconomic Democracyという新しい社会経済システムを提言する。

その前にまずは資本主義の基本的な性質をかなりシンプルではあるけど分かりやすく解説してくれている。
1.生産手段が資本家によって私有されていること
2.競争のある市場でモノが取引されていること
3.殆どの人が賃金労働者であること

確かに!とうなずいたのは市場経済が資本主義の同義語のように語られることがあるがこれは間違い、という点。実際には社会主義経済にも市場は存在する。マーケットの存在は資本主義の弊害そのものではなく、問題は市場がどの程度政府のコントロールを受けているかであるという主張。

これに対して筆者の提案するEconomic Democracyの要素は三つ。

1.会社の労働者によるセルフマネジメント
株式会社ではなくいわゆるCooperative・組合のような新しい会社組織を提案。働く人全員が等しく1票を持つWorkplace Democracyなるものを想定していて、重要な意思決定は株主がする株式会社とは大きく異なる。資本主義では生産手段は資本家の私有となるが、Economic Democracyでは労働者全員の共有資産。株式会社では労働力はコストだが、この組織では株主に利益を還元しなくて良いので最終利益を山分け(もしくは企業の決めた割合で分配)、ということになる。

2.競争のある市場でモノが取引されていること
Economic Democracyでも資本主義同様市場は存在。共産主義体制では政府の支配下に置かれる市場を開放し、需要と供給に従った価格決定と企業活動を肯定。

3.投資の社会的コントロール
資本主義体制では個人投資家や企業が行う投資活動は全て政府と地域社会が行う(!!)。企業の所有する資産(土地、建物、設備など)に税金を課し、この税金を投資ファンドに集める。集まった資金は住民の数に従って均等に地域に割り振られ、地域の公的金融機関を通して新しいビジネスに投資される。金融機関といっても金利は課せられず、グラントとして企業に供与される。ただし与えられた資金に上記の税金が課せられ、投資ファンドに戻っていく為この税金がある意味金利のような役割を果たすこととなる。この仕組みが資本主義システムでは豊かな都会や資本の豊富な企業に集中する投資の、より公平な分配を可能にする。因みにこの資産への課税の代わりに、企業は法人税は払わない。最終利益は企業の構成員によって分配される為、個人個人に所得税がかかって終わり。

いやー、すごい。かなりぶっ飛んでいるように思えるが、マルクス主義の思想が分かって非常に読み応えがあった。これぐらい思いきった代替案だと現実離れしているようでも学ぶことや発見が多かった。とはいえ政府の役割の文脈では何度も戦後の日本の経済政策の有効性が持ち出されていたし、程度の差はあれど、いかに政府が公平性に配慮した資本主義をデザインしていくか、の重要性を説いているのだろう。少なくとも、ネオリベラルなマーケット至上主義、市場万能主義では資本主義は公益を追求できないということは確かなのではないか。

それから労働者によるセルフマネジメントを実践している会社として、スペインのバスク地方にあるMondragonという大企業が紹介されている。1943年に地元の牧師さんが立ち上げた職業訓練所が元となって小さなCooperativeを組成、小規模の組合のグループ企業としてどんどん拡大して重工業から消費財、NASAとタッグを組む研究所まで擁する一大複合企業に成長している。2000年時点で構成員は53,000人、売上はUS66億ドル、総資産は130億ドル。ひゃー。この規模で一人一票、利益分配、解雇ナシ、という経営を続けているのだからすごい。

BostonにあるFair Tradeの会社は営利企業だが同じく組合の形を取っている。現実にきちんと成り立つということなのだ。意思決定に参加できることからより当事者意識を持ってビジネスに取り組むようになること、また、組織の利益が自分の収入と直結するので、収益性と効率性を追求するインセンティブも確保される。一方で株式会社と違ってトータルの利益ではなく、一人当たりの利益が重視されるのでどんどん組織を大きくしていこう、というモチベーションは生まれない。成長、さもなければ死、みたいなひたすら競争に追われ際限なく肥大化していく必然性がなくなる。結果、大きい企業が小さい企業の買収を繰り返して巨大化し市場を独占、といったことはなく、市場は競争状態が保たれる。

テクニカルな提言ではなくもはや思想なので、そもそも平等を追求する必要なんてない、もしくはそんなの無理、という考えの持ち主の方には響かないアイディアなのだろうけど、それでもやっぱり普通に考えて異常、と思うのは現在の資本主義が生み出している経済格差。

非常に面白かったのが、アメリカの世帯当たりの所得を人間の身長に置き換え、所得の最も低い人から最も高い人の順に1時間のパレードを行ったらどうなるか?という試み。アメリカの平均所得US55,000ドルを平均身長の180センチとすると、パレードは3センチに満たない人の行進からスタートし、貧困ラインを超える身長の人が出てくるまでに12分、なんと2千万人が通り過ぎる。小さな人の行進が延々とつづき38分経ったところでようやく平均身長の人々が登場、と思ったら5分後には身長は平均の2.5倍に成長する。ここから一気に身長の伸びと行進のスピードが加速。所得のトップ1パーセントの人が通り過ぎる36秒の間に身長は倍になる。のこり30秒のところでアメリカ大統領登場。身長13メーター。その後Forbes800に名を連ねるCEOが登場。10階建てのビルから世界一高いビルぐらいの身長。もはや顔なんて見えない。ディズニー社の社長が身長1.6キロメートル、ジャック・ウェルチが3キロメートル、そしてアンカーはもちろん永遠のベビーフェイス、ビル・ゲイツ。144キロメートル。エベレストの16倍、頭は雲の上。足でかすぎます。
a0158818_12441669.jpg


・・・うーん。グロテスク。やっぱり何かがおかしい、と思わざるを得ない。完璧な平等なんてものはもちろん無いし、そんなものは望むものでもないけど、3センチの人間と144キロメートルの人間が共存する社会ってどうしても気持ちが悪い。健康的な社会であるはずがない。これを世界規模で行進したとしたらもはやゲイツ氏は大気圏に突入するのではなかろうか・・・。健康的な世界であるはずがない。この気味の悪いパレードを作り出しているのはなんだ?というところに戻る。既存の社会経済システムに何か構造的な問題があるんじゃないか?この問いに対して筆者が提言しているのが富の分配に焦点をあてた資本主義の抜本的な改造。After Capitalism。非常に刺激を受けました!
[PR]
# by nanacorico0706 | 2010-01-29 12:58 | 読書

マイクロファイナンス


今学期の目玉授業はマイクロファイナンス!
ちょうど一年前ぐらいに大学院の願書に「マイクロファイナンスやりたいんです!フェルナンド教授の授業を取りたいんです!」と鼻息荒く書いていたことを思い出す。
そのフェルナンド教授の授業を本当に取っちゃってる。人生って面白いなぁ。フェルナンド教授は「ジュード」と生徒からも愛称で呼ばれる超ラブリーな先生。a0158818_13464641.jpgこの風貌。常に穴の開いたポロシャツを着用。スリランカ出身で故郷のNGOの活動も積極的に支援する社会活動家でもある。

授業の中心はもちろん途上国のマイクロファイナンスだが、今回のコースでは地元ウースターに住む難民の方々向けにNGOが立ち上げた小規模融資のプロジェクトに生徒も参加することに。
イラク、リベリア、ミャンマー、ブータン、ブルンジなどからの避難民のコミュニティと一緒にビジネスプランを考え、NGOにプロポ―ザルを提出する。マイクロファイナンスと言っても先進国アメリカではまさか一口20ドル、なんてわけにはいかない。150万円が上限でプラスローカルの銀行にも融資交渉中。途上国と違ってインフォーマルセクターなんてないわけで、ビジネスを立ち上げるとなると規制やら税金やら会計処理やらで何かと複雑。大変なプロジェクトである。

今日は担当するコミュニティのメンバーの方との顔合わせ会。
私のグループはブルンジ難民の方3人とチームを組むことに。アメリカにきて2年ほどの女性一人、男性一人と滞在6カ月の男性1人、という構成。
そもそもブルンジってどこだ?とWikipediaで調べるところからスタート・・・
ルワンダの内紛で知られるフツ族とツチ族の対立はブルンジでも根強く、独立以降ずっと内戦状態のようだ。一人当たりのGNIは世界最下位だそう。

普段は何をされているんですか~?と当たり障りのないところから会話を開始。
最も英語が達者で社交的な女性は内戦で旦那さまを亡くし、5人の子供とタンザニアの難民キャンプに移住、その後アメリカに渡ってきたとのこと。慣れない土地でシングルマザー、4歳から17歳までの5人の子供、もうなんかもうひれ伏したくなるような頭の上がらなさ。
底抜けに明るい。
キャンプの生活に比べればマシだわ~子供も学校に行かせられるしね!と笑う。

こちらに来て2年半という男性は40代ぐらいだろうか。英語は片言。ブルンジでは高校の先生をされていたとのことだが、こちらにきてようやく得た仕事はTJ Maxxという激安アパレルでの梱包作業。それも12月にレイオフされたという。ジュードのプレゼンに必死にメモをとる姿が印象的だった。

最も若い男性はまだこちらに来て6カ月。英語の学校に通っているとのことだがまだ殆どコミュニケーションは取れない状況。グループの一人がフランス語を喋れたのでなんとか会話できた。難民キャンプでは看護師をしていたとのこと。

つまり、全員無職である。ビジネスの経験は無い。英語は日常会話程度。
さてここからどうやって事業を作っていくのか・・・一瞬、途方にくれる。
が、時間をかけて会話をしていくうちに少しずつ彼らの希望も引き出せてきた。まずは出来る限り深くコミュニケーションをしなければ。彼らの抱えている思いや問題を共有し、一緒に考えていく。まずはそれが大事かな・・・。ということでまずは来週ホームパーティーを開くことに。頑張って日本食作っちゃおう。
[PR]
# by nanacorico0706 | 2010-01-28 14:37 | 勉強

Net Impact Clark Chapter始動!!


Net Impact Clark Chapterが正式に登録されて初のMeeting。
とりあえず一同Yeah!やったー!とテンション高めでスタート。
来週は大学内でのローンチレセプションを開催予定。

2010年度の主なプロジェクトは・・・

○Fair Tradeセミナー
営利事業としてFair Tradeのカジュアルファッションに取り組んでいるAutonomie Projectの創設者を招いて勉強会/ワークショップを開催予定。sweatshopについて研究している教授も巻き込んでセッション出来ればいいな・・・と妄想中。下記のGreen runで参加者全員にTシャツを配ろうという企画があるのでこちらで作ってもらえないか検討中。これは私がリーダーなので頑張らなきゃ・・・。

○Green Run
地域の人々を巻き込んで大学周辺5キロのチャリティラン。集めたDonationは地元の環境保護NGOに寄付する予定。

○CSRの誓い
Graduate Pledgeと言って全米のMBAで良く行われてるらしいのだが、卒業式で「将来社会的責任を果たすビジネスマンになります」と個人的な誓いをたてる儀式。この5月の卒業式からClarkでも始めようという試み。

○Board Fellows
Net Impactの目玉的活動の一つ。MBAの学生が非営利組織のBoardメンバーとしてマネジメントの手助けをしようというもの。学生にしてみればNon-Profitの運営の実務経験を積めるし、NGO側からするとマネジメントのノウハウや新鮮なアイディアなんかを取り入れられてお互いHappyというコンセプト。思い切った取り組みだよな・・・と思うがこれがけっこう盛んに行われており、Clarkでも既に3団体ほど受け入れの検討を開始中。

○Cap and Trade Paper Project
日本の大学でもそういう時代になっているのだろうか、Clarkでは一人の生徒が学内でプリントアウトに使う紙の量に制限が設定され、制限を超えると有料、という取組が始まった。これが色々と物議をかもしているわけだが、NIではCO2のCap & Tradeの方法をPaper Projectに応用出来ないか検討中。あらかじめ与えられた無料分を使いきらなそうな生徒は無料分を越えて使用したい生徒とFacebook上で使用権を取引出来る仕組みを整えてはどうか?とブレスト中。仕組作りが難しそうなのと、そもそもこういった取組は紙の使用を減らそうという生徒の意識改革の面で言うと効果がないのでは、とか色々と議論はあるところ。環境対策においてなんでも金銭的な価値に換算するのってどうなんだろう?という思いもありつつ、やはり値段をつけることが非常に効果的な動機づけとなるのが人間のサガ・・・。このプロジェクトの行方は今後楽しみ。

○社会的責任投資プロジェクト
アメリカの大学というのはものすごく資金運用がうまいと聞いたことがあるが、Clarkもかなりのお金を株や国債で運用しているらしい。大学のアドミニ組織、教授、学生全体を巻き込んで、大学の投資ポートフォリオがどうなっているのかまずは勉強、Clarkとしての社会的責任投資はどうあるべきかを検討していくというもの。学部生レベルではパレスチナ紛争に関わっている企業からの投資撤退に取り組んでいるグループが有り、コラボレーションも検討。

今年は教室を飛び出して活動することが増えそう。楽しみ!
[PR]
# by nanacorico0706 | 2010-01-26 04:58

BOP幻想??


BOP層は消費者ではなく生産者として捉えるべき、というBOPビジネス批判の代表例として良く取り上げられているKarnaniの論文「Mirage at the Bottom of the Pyramid」を遅ればせながら読んだのでまとめと雑感。


・BOP層の定義が不明確、且つその規模が誇張されている。
Prahaladは1日2ドル以下で生活するBOP層が世界に40億人存在すると主張するが、世銀等他の調査によれば実際は多く見積もっても27億人程度、との主張。そうなると$13兆と見積もっているBOP市場は実はその10分の1程度の規模しかないことになり、ビジネスセクターに過剰な期待を与えている。

・最も貧しい人にはアクセスしていない
最も良く批判される点だと思うが、BOPビジネスとして紹介されているものは実は貧困ライン以下で生活している人には高すぎて手が届かないケースが多い。

・多国籍企業の役割が強調されているわりに、成功例が少ない
BOP層向け商品の開発には徹底したコスト削減が必要、且つ労働集約的になりがちなので大規模な多国籍企業には本質的に不向き。特に株主利益を常に念頭に置かなければならない上場企業は利益率の下がる可能性のあるBOPマーケット参入はハードルが高い。

・BOPを消費者として見ている限りは貧困は解決しない
所得の向上が貧困解決の最も重要な要素。BOP層を消費者としてではなく、生産者とみなすべきである。


なかでも最も考えさせられたのが以下2点。

・BOP層に教育や健康より嗜好品にお金を使うインセンティブを与えている
TVやコカコーラやビールの販売促進は本当にBOP層にとって望ましいのか?これは倫理的、社会的責任が伴うデリケートなトピックだと思う。贅沢品を売るべきではない、という態度は先進国の人々の傲慢、余計なおせっかい、という意見もある。他方で先進国でも販売規制の対象となっているアルコールの販売は法制の整っていない途上国で多国籍企業が無制限に販売をするのは如何なものか、というのは説得力のあるところ。

開発にはこの手のジレンマが常につきまとうような気がする。例えば地域の人々に意思決定を委ねる参加型開発手法は女性のエンパワーメントを促進するとして評価されているが、あるケースでは村の女性たち自ら伝統的に女性の仕事とされている手工芸のサポートを要請した。現場の実務者は彼女たちの意思決定の尊重を建前としつつ、男女間の役割分化を助長してしまうような結論にどう対処して良いかジレンマに陥ったとか。これは本当に難しい問題だと思う。男女間の平等という価値自体が西洋的な社会・歴史背景に基づいている部分が多いし、地域固有の伝統や文化と衝突する際に、アウトサイダーである開発実務者はいったいどう行動するべきなのか?

だれが意思決定すべきか?は結論の正しさだけではなく、決断を下す正当性の問題でもある。TVなんか買うお金があったら子供の教育に使いなさい、なんて言う権利が私にあるだろうか?Prahaladの言うそういった態度は'arrogant and patronizing'というのは一理ある。一体誰が最も正しい判断が出来るのか?そうする権利があるのか?

・小袋戦略はUnit Priceを上昇させている→政府の機能が軽視され過ぎている
典型的な一回使い切りタイプの小分け商品は確かに小売価格は安いが単価はむしろ通常の商品と同じか高いケースが多い。つまりBOP層は豊かな人より高いコストを負担している。さらに一回使い切りだと量の調整が難しく無駄が多い、ゴミの増加による環境面への影響も批判されている。

実は単価が高い、というのは最もなのだが、それでも全く買えないよりマシ、という反論もあるだろう。例えば電線の届いてない地域にソーラーパネルを持ち込み、安価で電気を配給しようというビジネスが増えている。電力の供給は素晴らしいが、実際には貧しい村の人々は政府が電気を供給している都会の豊かな住民より高い電気代を負担することになる。本当にこれでいいのだろうか?もちろん良くない。が、かといって全く目途の立たない電線の建設を待ち続けるよりはマシ、better than nothingというのも説得力がある。実際にはどちらが良いか、という問題ではなく、いかにこういった企業とパブリックセクターを協働させて長期的に地域間の格差が無い状況に持っていくか、が現実的に必要なアプローチなのだろう。

KarnaniもBOPビジネスにおける政府の役割の軽視を痛烈に批判している。
'By emphatically focusing on the private sector, the BOP propositions detracts from the imperative to correct failure of the government to fulfill its traditional and accepted functions such as public safety, basic education, public health, and infra-structure.' 企業やNGOは政府に取って替われるわけでも、そうするべきでも無い。
現実には、従来政府の機能とされてきたサービスにもどんどん企業が進出している。開発の民営化、と批判されているこの状況が今後どうなっていくのか?どうなっていくべきなのか?新学期の課題。まだまだ山のような読むべし論文リスト・・・
[PR]
# by nanacorico0706 | 2010-01-16 11:17 | 勉強

次世代CSR


Corporate Social Responsibilityを越えたCorporate Social Innovationを提案する面白いスライドを発見。

CSRはネガティブコントロールやマーケティングのツールから企業活動自体の内部変革を伴うものにシフトしつつある、というのが分かりやすく示してある。
社会における企業の存在意義を徹底的に見直し、事業を再構築するのがCSRの本質と捉えられるようになってきているのだと思う。

BOPやソーシャルビジネスに関する議論は「ビジネスが世界を変える!」みたいなすごくポジティブなメッセージが多いけれど、実際は「ビジネスが変わらないと世界は変わらない」というのが本当のところなのではないか。
スライドにもあるようにマーケット至上の資本主義構造が見直されないまま、安易に「ビジネスが途上国の貧困を解決する!」といった方向に流れていくのは何か違う気がする。

企業の強みを生かして社会問題を解決する、という最近の大きな流れは素晴らしいこと。
商社時代にビジネスセクターに如何に優秀な人材、ノウハウ、技術、情報が集まる仕組みが出来ているかを実感した。
この豊富なリソースがお金儲けではなく開発を取り巻くあらゆる問題に振り向けられるとなるとそのインパクトはすごい。
ただ、目に見えるインパクト以上に重要なのは、こういった過程を通して企業の社会における位置づけ、資本主義のあるべき姿を再定義する作業なのではないかと個人的には思う。
結局事業を動かすのは企業で働く一人一人の人間であり、その人間の持つ価値観と判断基準の集合。
だとすると、ビジネスにかかわるそれぞれの人の内的な変化が長期的には企業と資本主義を本質的に変えていくのではないか。
そういう意味で、「ビジネスが世界を変える!」という前向きな信念ではなく、「目の前の事業、自分の働く会社はどうやって変わっていくべきか?」という内省的な問いかけが、より重要なのではないかと思う。
[PR]
# by nanacorico0706 | 2010-01-10 11:50 | 勉強

Conscious Consumerism


秋学期のFinal PaperでeBayが手掛けているフェアトレードや環境に優しい商品のショッピングサイトについて書いたこともあって、最近Conscious Consumerism、Ethical fashionが気になっている。
色々なところで見聞きする場面が多いので備忘の為にまとめ・・・

Loopt Works
洋服の生産過程で廃棄される大量の余剰材料を使って作るアパレル商品。
布、ボタン、ジッパーに至るまですべてアップサイクル(廃棄物を別の商品として生まれ変わらせること)で作られている。

RICKSHAW BAGWORKS
リサイクル可能なナイロン生地を使用し、シンプルな裁断、縫製、無駄なく生地を使い材料の廃棄を最小限にしたバッグ。ゼロシリーズは生地の廃棄がほんとにゼロ!

Oliberte
メイドインアフリカのかっこいいスニーカー。リベリア産のゴム、エチオピア産のレザーを使用して地域の工場で生産。リサイクルしたいので履きつぶしたら捨てずに送り返してね、というメッセージも。

Escama Studio
なんとプルタブを再利用した女性用バッグ。ブラジルの女性で構成される組合が伝統的なかぎ針編みの技術を使って生産している。

Autonomie Project
フェアトレードのカジュアルウェアとスニーカー。オーガニックコットンを使用。ベビー服を買ったけど生地もしっかり、かわいかった。

Econscious Market
フェアトレードやエコ商品のショッピングサイト。購入価格の10%を自分の好きなNGOなどに寄付出来る。

ちょっとした流行りになっているとも言えるエシカルファッション、色々と議論のあるところだけど、モノの生産過程を根本的に見直す、という姿勢はやっぱり面白い。これから先、グローバリゼーションの流れに逆行するような価値観、たとえば、スローダウンする、スケールダウンする、不便にする、完成品ではなく生産プロセスで選ぶ、が主流になっていくだろうか・・・?
[PR]
# by nanacorico0706 | 2010-01-08 13:11 | 勉強

Walmart Paradox


昨年の10月に出席したNet Impactのカンファレンスのセッションの一つで面白い話を聞いた。
BBMGというマーケティング会社が行った2009年の消費者意識調査によると、2000人のアメリカ人に「米国で最も社会的、環境的企業責任を果たしている会社は?」という質問のトップ1位、ワースト1位、どちらもWalmartだったとのこと。
Walmartパラドックス。

More
[PR]
# by nanacorico0706 | 2010-01-07 08:50 | 勉強

New year's resolution


渡米から既に5カ月が経過してますがこのタイミングでブログ開始・・・
新年なので新しいことをスタートするには良い機会だしね。

9月から開始した授業は本当に充実していて、得るものも大きかった。
個人的には一番最初の授業で出たリーディングの課題で語られていた「これからの開発学はLifting the BottomからLowering Topに移行しなければならない」という言葉がこの1学期の方向性を決定したように思う。

開発は貧しい国や人々をいかに成長させるか(Lifting the bottom)が主題だと思っていたけど、これからはいかに豊か過ぎる国や人々を持続可能な形に変えていくか(Lowring the top)、が同じくらい重要。
途上国の人たちに変化を求めるのではなく、先進国に生きる私たち自身が変わらなきゃいけない時代になっているのだな、と実感。
景色が変わった。
来学期からこれをどう落とし込んでいこうか・・・思索中。

ということで2010年の目標は・・・

1. 修論のテーマ絞り込み!
BOP、フェアトレード、CSRと一通りかじった1学期だったのでそろそろちゃんと考えなきゃ・・・インターンも決めなきゃ・・・

2. Net Impact始動!
Net Impactの学内チャプターのInternational DevelopmentのリーダーになったのでProjectやイベントの企画を頑張りたい。

3. ブログ・・・
去年は迷いに迷って結局始めなかったブログ。日々思うことはあれど発信するなんておこがましすぎる・・・と思っていたけど、2年間の記録も兼ねて挑戦。1週間に一回は更新したいな・・・

今年もステキな年になりますように!!!!
[PR]
# by nanacorico0706 | 2010-01-06 02:42


2年間の米国留学生活をゆるゆると綴ります・・・
カテゴリ
全体
読書
勉強
Net Impact
america life
パキスタン
つれづれ
おしごと
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
最新の記事
政府とおしごと
at 2014-08-09 10:40
広告の終焉から始まるもの
at 2013-10-06 15:56
massive scale ..
at 2013-09-09 00:49
寄付と遊びの関係
at 2013-09-01 23:37
2013
at 2013-01-03 16:22
SOCAPデビュー
at 2012-10-25 08:58
地図ではなくてコンパスを持て
at 2012-09-02 14:18
ママCEO
at 2012-07-29 10:56
『Start with WHY』
at 2012-06-28 19:04
未来のOwnershipのカタチ
at 2012-05-06 15:33
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧