旅の途中



Net Impact Clark Chapter始動!!


Net Impact Clark Chapterが正式に登録されて初のMeeting。
とりあえず一同Yeah!やったー!とテンション高めでスタート。
来週は大学内でのローンチレセプションを開催予定。

2010年度の主なプロジェクトは・・・

○Fair Tradeセミナー
営利事業としてFair Tradeのカジュアルファッションに取り組んでいるAutonomie Projectの創設者を招いて勉強会/ワークショップを開催予定。sweatshopについて研究している教授も巻き込んでセッション出来ればいいな・・・と妄想中。下記のGreen runで参加者全員にTシャツを配ろうという企画があるのでこちらで作ってもらえないか検討中。これは私がリーダーなので頑張らなきゃ・・・。

○Green Run
地域の人々を巻き込んで大学周辺5キロのチャリティラン。集めたDonationは地元の環境保護NGOに寄付する予定。

○CSRの誓い
Graduate Pledgeと言って全米のMBAで良く行われてるらしいのだが、卒業式で「将来社会的責任を果たすビジネスマンになります」と個人的な誓いをたてる儀式。この5月の卒業式からClarkでも始めようという試み。

○Board Fellows
Net Impactの目玉的活動の一つ。MBAの学生が非営利組織のBoardメンバーとしてマネジメントの手助けをしようというもの。学生にしてみればNon-Profitの運営の実務経験を積めるし、NGO側からするとマネジメントのノウハウや新鮮なアイディアなんかを取り入れられてお互いHappyというコンセプト。思い切った取り組みだよな・・・と思うがこれがけっこう盛んに行われており、Clarkでも既に3団体ほど受け入れの検討を開始中。

○Cap and Trade Paper Project
日本の大学でもそういう時代になっているのだろうか、Clarkでは一人の生徒が学内でプリントアウトに使う紙の量に制限が設定され、制限を超えると有料、という取組が始まった。これが色々と物議をかもしているわけだが、NIではCO2のCap & Tradeの方法をPaper Projectに応用出来ないか検討中。あらかじめ与えられた無料分を使いきらなそうな生徒は無料分を越えて使用したい生徒とFacebook上で使用権を取引出来る仕組みを整えてはどうか?とブレスト中。仕組作りが難しそうなのと、そもそもこういった取組は紙の使用を減らそうという生徒の意識改革の面で言うと効果がないのでは、とか色々と議論はあるところ。環境対策においてなんでも金銭的な価値に換算するのってどうなんだろう?という思いもありつつ、やはり値段をつけることが非常に効果的な動機づけとなるのが人間のサガ・・・。このプロジェクトの行方は今後楽しみ。

○社会的責任投資プロジェクト
アメリカの大学というのはものすごく資金運用がうまいと聞いたことがあるが、Clarkもかなりのお金を株や国債で運用しているらしい。大学のアドミニ組織、教授、学生全体を巻き込んで、大学の投資ポートフォリオがどうなっているのかまずは勉強、Clarkとしての社会的責任投資はどうあるべきかを検討していくというもの。学部生レベルではパレスチナ紛争に関わっている企業からの投資撤退に取り組んでいるグループが有り、コラボレーションも検討。

今年は教室を飛び出して活動することが増えそう。楽しみ!
[PR]
by nanacorico0706 | 2010-01-26 04:58
<< マイクロファイナンス BOP幻想?? >>


2年間の米国留学生活をゆるゆると綴ります・・・
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
最新の記事
政府とおしごと
at 2014-08-09 10:40
広告の終焉から始まるもの
at 2013-10-06 15:56
massive scale ..
at 2013-09-09 00:49
寄付と遊びの関係
at 2013-09-01 23:37
2013
at 2013-01-03 16:22
SOCAPデビュー
at 2012-10-25 08:58
地図ではなくてコンパスを持て
at 2012-09-02 14:18
ママCEO
at 2012-07-29 10:56
『Start with WHY』
at 2012-06-28 19:04
未来のOwnershipのカタチ
at 2012-05-06 15:33
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧